Minor Records JP

drums and recording

ながいみちのり

f:id:minorrec:20130805213125j:plain

どうやったってステーキは美味い

ながいみちのり...。それはもちろん長井道教君のことではなく、長らくAbleton Liveとの相性問題を抱えていた我が家のMOTU 828mk3 FWが、ついにちゃんとLiveのinputとして記憶された長い道のりのことです。

以前から何度も書いておりますので簡潔に書きますと、Ableton Liveのオーディオ入力設定で828mk3をちゃんと設定しているのに、再起動すると設定が消えてしまう怪現象が起きておりました。Abletonへ問い合わせても「認識はされているんだからいいでしょ」的な回答しか得られず、やむなく828はミキサーとして使い、その出力をアナログでultrariteに繋いでmacproに入力するというなんとも原始的な使用法でお茶を濁していたのでした。

それから何度も新規のオーディオインターフェイスを物色しますが、「せっかく買い換えても、同じ症状だったらどうしよう」と恐ろしくなり、動けずにいたこの1年。今日だって中古のScarlett 18i20をついポチリそうになりました。

ぐっと堪えて、828mk3をつなぎなおしてみると、なんと設定を記憶するではありませんか。Liveは9.0.5の32bit版。思えば8.3くらいから症状が出て、気づいた時には戻せなくなっていたのでした。

と、いうわけで、買い換えなくて良くなったお金で肉です。ああ美味い。

発症原因はBNCの接続法

後日問題の原因がBNCケーブルの間違ったつなぎ方にあると判明。素人はこれだから困ります...って私のことですね。反省。