Minor Records JP

drums and recording

無知の知

今回のお話しは、知っているようで知らないwordclockのつなぎ方についてです。まるで水道管ゲームみたい。

t分岐コネクタで2台wordclock同期したい

MOTU828mk3にBehringer ADA8000とFocusrite Octopre mk2 DynamicをADAT接続して使っていますが、どうせならwordclockとかいうもので同期してみようと、BNCケーブルでつないでみました。たぶんt分岐コネクタというもので分岐すればいいのだろうとアマゾンで調達。828mk3にtコネクタを装着して、右はADA8000へ、左はOctopreへなんて接続をしていたんですね。

でもあとからわかったんですが、その接続のせいでAbleton Liveでは828mk3を毎回入出力がリセットされて一時は828買い換えを考えるほどのトラブル続きでした。どういう接続が正しいのでしょうか。答えは一番下の写真をご覧下さい。

f:id:minorrec:20131006193702j:plain

f:id:minorrec:20131006193720j:plain

f:id:minorrec:20131006193732j:plain

f:id:minorrec:20131006193749j:plain

f:id:minorrec:20131006193814j:plain

828mk3からADA8000とOctopre Mk2に繋ぐ

 wordclockの場合、1本道から分岐するのが正しいようです。正解は左の青BNCケーブルからまっすぐ進めばOctopre、脇道にADA8000となるように接続します。ADA8000はターミネータが内蔵されておらず、828からADA8000にだけ繋ぐ場合でも、写真のOctopre側にターミネーターを付けないと動作不良なんてことにもなるそうです。Octopreにはターミネータが内蔵されているので、BNCケーブルを直でブチ込むだけでOK。たしかにこう繋ぐと調子が良くなりました。

このサイトを参考にしました。感謝。