Minor Records JP

drums and recording

Powerslave / Iron Maiden

f:id:minorrec:20140715205529j:plain

ニコマクブレインは今も昔も変わらず元気だ。自分の姿が見えなくなるようなドラムセットの奥に座り、フランケンシュタインのような形相でタムを回す。巨体に似合わず繊細で臆病。だからせっかちなドラミングなんだと思う。

そんなニコマクブレイン節が炸裂するアイアンメイデンの5枚目。コレを聴けばニコの全てがわかる。その後の作品のドラミングも全部わかる。30年経った今でも同じドラミングだし。ドラムセットの柄がちょっと違うだけだ。アイアンメイデンのドラマーといえば誰もが「ニコだ」というだろう。

しかし、アイアンメイデンが進化しなかった原因もニコにあるのではないかと思う。パンクバンド風だったポールディアノの頃は別バンドだとしても、ボーカルがブルースディッキンソンに変わってからのアイアンメイデンは3作目=魔力の刻印がベストである。アレのドラマーはクライヴバー。クスリの問題とかがあったようだが、クライヴバーのドラミングは勢いも正確さも桁違いに鋭い。残念なことにクライヴバーは2013年3月、多発性硬化症のため亡くなっている。

結局アイアンメイデンがサッカーやってお気楽にしていられるのもニコのおかげであろう。パワースレイブはトータルに聴いて曲が良い。まだまだ演奏が若さ溢れていて新鮮だ。

でもやっぱり悪魔側から神様寄りになってしまったのが、なんだかメタルっぽくなくなった印象そのままなんだろうね。

f:id:minorrec:20140715212036j:plain

今日もニコはニコニコです。